鳥絵展 無事終了しました

9月7日から18日まで、12日(火)の定休日をはさんで11日間、

東京での初個展が大盛況のうちに終了しました。

デビューから30数年間、漫画家としてやってきた私の初の個展が鳥絵!

果たして往年のファンの皆さんがどれだけ受け入れ、楽しみに見に来て下さるのか

ふたを開けてみなければわからず、ずっと不安はありました。

なにしろグッズもたくさん用意することにしたので大量在庫を抱えてしまったらどうしようという心配もあり、、💦

 

ところがそんな不安は初日から消し飛びました!

連日たくさんの方が、遠くから近くから、おひとりで、カップルで、友達同士、親子で、ご家族おそろいで、途切れることなく訪れて下さり、

その誰もが瞳をキラキラうるうるさせながら、わたしの鳥の絵をじっくり鑑賞し、

ポストカードやマグカップなどを嬉しそうに買っていってくださったのです。

(ありがたすぎる光景に感極まってたびたび涙ぐみ、しゃくりあげそうになるのでウレシカ・ユリコさん焦る(^^;)

 

実はわたしは6日の搬入から上京していて、

初日から11日まで、日によって滞在時間は変われど、毎日在廊して本にサインをさせていただいたのですが、(その数550冊!帰宅してさらに250冊!サイン無し100冊すべて完売したそうです!!ひゃーーー)

たくさんの方が熱い思いを語って下さり、その都度わたしももらい泣きという、

はぎいわサイン会ではいつもの光景がそこにみられ、

「こんな個展初めて」とウレシカご夫妻驚いておいででした、、、

 

今回前半の間だけでしたが、自分の絵を前にしたお客さんたちの反応を直に感じることができたのは本当に幸せで感激でした。

 

驚くほどたくさんの漫画家さん、作家、クリエイターの皆さんも駆けつけてくださり、

身に余るお言葉、反応いただきました。

 

りぼん時代の仲間たち、そして編集さんたちも!

私が帰ったあとも、この機にと同窓会状態で旧交をあたためたとうれしいご報告もいただきました。

 

デビュー前から神とあがめていたくらもちふさこ先生が設営を手伝ってくださり、個展開始後もたびたび様子を見に寄ってくださったことも夢のようでした。

 

今回出版社の枠を超えて、編集、関係の方々がたくさんご協力下さったことにも胸が熱くなる思いでした。

 

たくさんのおいしい頂き物も。ありがとうございました!

お祝いのお花の数々もさすが東京のお花屋さん!とうなるものばかり。

センスあふれるアレンジにうっとりです。

 

ああ思いつくまままとまりなく書いてしまいましたが、

わたしの最高に嬉しかった気持ちを少しでも感じていただければと思います。

 

ご来場いただいた皆様、遠くで見守ってくださってた皆様、そしてウレシカさん初め、関わりサポートして下さった皆様、心から、心から感謝します。ありがとうございました!!

 

 集英社コミックシンクさんが設営時にいらして取材、その晩のうちに愛あふれる記事にしてくださいました!

萩岩睦美鳥絵展最速レポート

 

 9月25日(月)より、個展グッズの通販を予定しています。

よろしかったらごぜひ利用ください(^^)

 

🐥展示作品の一部や会場の様子をご覧ください(^^)

🐥こちらはウレシカさんにご提供いただいた画像です(^^)

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    wakana (日曜日, 24 9月 2017 07:34)

    エナガの一生、読み返すと、また発見があります。人の営みも、生まれては消えて行くの繰り返し。私たちの命の先を子どもたちが繋げて行きます。この瞬く時間に、萩岩さんに出会えたことに感謝します。もう少し若い頃ならきゃーって喜んだんですけどね(^^)

  • #2

    シン (日曜日, 24 9月 2017 19:16)

    先生 お疲れ様でした。先日予約していたエナガの一生届き、読みました。感動して涙が出ました。原画は本当に素敵で拝見できて本当に嬉しく思いました。またぜひ個展を開いてください。待っております。

  • #3

    はぎいわ (金曜日, 29 9月 2017 14:03)

    wakanaさん、シンさん、ありがとうございます!
    「エナガの一生」はわたしにとっても宝物の一冊となりました。
    ぜひずっとおそばに置いて時々開いていただけますように╰(*´︶`*)╯