「エナガの一生」発売

なんということでしょう!!!!
個展のことでいっぱいいっぱいで、SNSに本の原画画像を何度もアップしたり、内容の紹介も何度もやったりしてたのに、自分のホームページでの発売のお知らせがまだだったとは!!!

 

大変遅くなってしまい申し訳ありません!!

さる9月7日、そう、個展の初日と同日に、「エナガの一生」という本が発売になりました。

 

これはあとがきにも書いたことですが、ふとしたきっかけから動物写真家の松原卓二さんとの共著が実現した夢のような一冊なのです。

 

松原さんは、エナガという小さくてはかなくてけなげな、しかしたくましく凛とした鳥に魅せられ、富士山ろくに移住までしたというツワモノです!

もともと素晴らしくユニークな動物写真を撮られる方で、何冊も写真集を出してらっしゃるのですが、なかでもエナガは私のハートを狙い撃ちしてきまして!!

 

松原さんの写真をみながら思いっきりエナガを描きまくりたい!という私の思いと、

いつかエナガの一生を描いた本を作りたいと願われていた氏の思いがピタッとマッチしたところに、教科書でおなじみの東京書籍編集角田さんがのっかってくださり、さらには私の愛蔵版など多数手がけて下さっている超ご多忙売れっ子ブックデザイナー名久井直子さんの神の手が加わって、

この愛すべき一冊が形となってこの世に生まれたのでした!

 

いくら鳥が好きとはいってもこれだけたくさんの、漫画寄りではない鳥絵を描くのは私にとって初めてのことで、いろいろ大変ではありましたが、

とにもかくにも描いてる間中幸せだったというミラクルな本なのです。

 

松原さんの筆致はあくまで淡々と、静かに、しかし厳しい野鳥の生きざまを愛と熱意をもって描かれていて、すーーーっと胸にしみてくるものがあります。

長年忍耐強く観察を続け、心からエナガを、自然を愛するものならではの描写で、徹底的な監修のもと、わたしもできるだけ正確に、しかしリアルすぎずふんわりと絵したにすることを心がけました。

 

一人でも多くの方に手に取っていただけますように。

そして、傍らに置いてたびたび開いていただけますように。

 

「エナガの一生」(文・松原卓二 絵・萩岩睦美)

 

制作途中からの画像をだーーーーーーーっと掲載しておきます。

よかったらご覧ください。

 

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    (金曜日, 06 10月 2017 08:47)

    昨日、ご本が我が家に届きました!
    りぼんの読者だった頃から大好きだった萩岩先生のイラストと、大好きなエナガ、ワクワクして本を開きましたが、想像してた物より素晴らしい作品で繰り返し、繰り返し読みました。
    エナガの生態の面白さもさる事ながら、ピッピに焦点を当てて描かれる厳しくも優しい世界観
    子供にも孫にも読み伝えたい作品です。
    ありがとうございました。
    ポストカードも届くのを楽しみに待っています^ ^

  • #2

    Moto (金曜日, 27 10月 2017 23:29)

    素敵すぎる・・・。

  • #3

    まみ子^^ (金曜日, 03 11月 2017 07:38)

    初めまして。
    昨夜(11/2)やっと手に取りました☆自分の為だけの絵本は初めてなので、ジックリ(秋の)夜長の共に吟味したいと思います。幼い頃の思い出の絵本たちと共にきっと、私の心に残るんだろーな^^ありがとーございました☆

  • #4

    はぎいわ (水曜日, 08 11月 2017 02:56)

    みなさんコメントありがとうございます!!